七つの大罪のスマホゲーム『七つの大罪 光と闇の交戦(グランドクロス)』の配信日が間近になってきました。このスマホゲームで強キャラクターとして登場すること間違いなしの十戒『エスタロッサ』について詳しく紹介していきます!本記事で『エスタロッサ』の特徴や技を中心に覚えることで『七つの大罪 光と闇の交戦(グランドクロス)』をより楽しくプレイすることができると思います!

プロフィール

名前 エスタロッサ(通称:慈愛のエスタロッサ)
身長 2メートル
体重 95キログラム
血液型 AB型
誕生日 1月14日
年齢 380歳
その他

長男:メリオダス、次男:エスタロッサ、

三男:ゼルドリス

エスタロッサとその他の十戒メンバーは、聖戦後に長い間封印されていましたが、フラウドリンによって封印が解かれて復活しました。

アニメ/マンガの作中で初めてエスタロッサが登場したときは、魔人王の子(メリオダスの兄弟)でしたが、後々意外な展開になりました。

実は、エスタロッサは魔人王の子ではなく、四大天使マエルだったのです。

ここら辺で混乱してくると思うので一度整理しましょう。では、天使と魔人の戦争(聖戦)までさかのぼって説明します。

聖戦の時に、四大天使マエルという天使がいました。その時に、七つの大罪のメンバーであるゴウセル(元十戒メンバーの一人)の禁術によって、四大天使マエルと四大天使マエルを知る全ての者の記憶を書き換えて、四大天使マエル → 十戒エスタロッサを作り上げたのです。その後、十戒エスタロッサは長い間封印されていました。その後、フラウドリンによって復活しました。アニメ/マンガではここから始まっているため、初めは十戒エスタロッサとして登場しています。

闘級(とうきゅう)

エスタロッサの闘級は、6万(魔力:3000、武力:53000、気力:4000)です。十戒メンバーの中では、ゼルドリスに次ぐ2番目の高さです。

また、アニメ/マンガの作中では、エスタロッサが他の3つの戒禁を取り込むことにより闘級を約14万に増大させています。

※戒禁とは、魔人王が己の力を十戒に与えたもの。

戒禁

エスタロッサの戒禁は、『慈愛』です。

戒禁『慈愛』の能力は、エスタロッサの前で憎悪を抱いたものは、エスタロッサを傷つけることができなくなります。(チート級の能力です。)

どうすれば『慈愛』の能力を無効化できるのかというと、エスカノールのように相手を憎しむことなく純粋な気持ちで倒そうとすれば『慈愛』は無効化されます。

技一覧

全反撃(フルカウンター)

物理攻撃を数倍にして跳ね返す技(魔力)です。

メリオダスの全反撃(フルカウンター)は、『魔法攻撃を数倍にして跳ね返す技(魔力)ですが、エスタロッサは『物理攻撃』を数倍にして跳ね返します。

暗黒回帰(ブラックアウト)

相手が発動した技(魔力)を闇の魔力で包み込むことにより、無効化することができる技です。

この技は、エスカノール戦で使用しており、エスカノールの『無慈悲な太陽(クルーエル・サン)』を無効化しています。

反逆剣(リベリオン)

何もない空間から剣を具現化する技です。(複数具現化できる)

剣を召喚しているのか、魔力か何かで作っているのかは不明です。

この技は、メリオダスエスカノールとのバトルの時に使用しています。

獄炎(ヘルブレイズ)

地獄の炎のような強力な炎で相手を焼き尽くす技です。

この技は、モンスピードに使用していますが、モンスピードにはあまり効いていませんでした。

黒の猟犬(ブラックハウンド)

獄炎を猟犬の形状にして相手に放つ技です。

キリング・ソーサー

獄炎を掌を中心に円形の形状で高速回転させて相手を切断する技です。